レモン水には便秘解消効果が!作り方やポッカレモン100で代用する方法も紹介!

レモン水便秘
この記事は約7分で読めます。

こんにちは。

今回のメインテーマは「レモン水」。

特に便秘関連で解消したりすると言われたりしている効果について見ていきます。

レモン+水というすごく単純な飲み物なんですけど、その実力はすごいんです。

レモン自体の効果や効能といったものは昔からよく知られていますしね。

海外のモデルさん達の間で流行しています。

なぜ?

その理由は美肌になるなどの美容効果があるからなんです。

ビタミンCがたくさん含まれていますからね。

余談になりますけど、量で言えばレモンよりも「柿茶」の方が多いんです。

【楽天】
柿茶というのは柿の葉から作ったお茶です。

ビタミンCはレモンの6~8倍もあると言われています。

また、みかんの約30倍くらい含まれているんです。

いまはサプリメントにしているので飲んではいませんが、以前は1日1リットルくらい飲んでました。

目的は健康のためです。

レモン水から離れて余談がちょっと長くなってしまってすいません。

話を元に戻しますね。

レモン水

レモン水がとにかくいろんな効果で注目されているんです。

当サイトでは便秘にスイマグ・エースを使って改善や解消につながったわたしの体験談を書いていますが、今回はレモン水と便秘について解説します。

この記事では、レモン水の作り方や飲み方、1日に飲む量、さらには自分で作らなくてポッカレモン100で代用してレモン水の代わりに使う方法なども説明します。

その他に、ダイエットやデトックス、そしてウォーターサーバーを使った簡単なレモン水の作り方も解説します!

【スポンサー リンク】

レモン水と便秘解消

腸

すでにご紹介したように、レモン水の便秘を改善したり解消したりするという効果が注目されています。

海外のモデルさん達が使っているように、普通は美容のためなんですけど、意外なことに便秘にもいいみたいなんです。

単なるレモン水にそんな実力があるなんて実は最近まで知りませんでした。

おいしいから効果なんて特に考えたこともなかったです。

美容系以外はですね。

【スポンサー リンク】

レモン水の効果は?

レモン

レモン水にはいろんな効果があります。

大きく分けると6つほど。

そんな中で、まずはレモン水になぜ便秘解消効果があるのかを説明します。

理由は、ペクチンと呼ばれる植物繊維がたくさん含まれているからなんです。

ペクチンは腸内でジェル化します。

ジャムやゼリーのような加工食品の粘性度を上げるために使われていますから知っている方も多いと思います。

ドロ~っとしてます。

そうなるといろんなものとくっつきやすくなるんです。

結局どういうことになるのかというと、腸内に溜まっている不要物を取り込みながら便となるわけです。

いらないものとくっついてウンチとして体外に排出するのを助けてくれるんです。

以前、ダイエット食品のなかにも油などとくっついてからだの外に出してくれるというものがあったのを思い出しました。

まだあるのかな~?

ま~、そんなことはいいとしてとにかくペクチンのおかげで便秘の改善や解消につながる効果があるんです。

ペクチンといえばリンゴを思い出す人も多いと思います。

アップルペクチンも植物性の水溶性食物繊維で、便秘対策に以前から注目されていますよね。

リンゴは1日1個食べるとお医者さんがいらなくなるなんて昔から言われているほど便秘だけでなくいろんな効果があるんですが、食べなくちゃいけないですからね。

そこが継続していくには難点と言えるかも。

その点、レモン水なら飲むだけなんで超簡単です。

便秘以外の効果としては、疲労回復、ダイエット、美肌、デトックス、口臭予防などがあります。

特にダイエットとデトックス効果については後ほど解説します。

【スポンサー リンク】

レモン水の作り方について

レシピ

気になるレモン水の作り方なんですが、本当は特に説明するまでもありません。

あまりにも簡単すぎるからです。(笑)

いろんなレモン水の作り方のレシピはクックパッドなどでもたくさん紹介されています。

ここでは一番簡単な誰でもすぐに出来る作り方を2つを紹介します。

飲む時ごとにレモン水を作るやり方

レモン水

これは非常に簡単で作ったものをすぐに飲むのですごくいい方法です。

① コップ一杯の水またはお湯とレモン二分の一を用意します。

② 水(またはお湯)200mlの中にレモン汁を絞り入れかき混ぜる。

以上で完成です。

これはしぼりたてのレモンが摂取できるのと作ってすぐに飲めるという最速のレモン水の作り方です。

お湯でもいいんですよ。

便秘解消という点からすると、むしろお湯の方が効果があるといわれています。

それに、冷え性とか冬のすごく寒い時に冷たいものを飲むのはちょっとつらいですからね。

やっぱり、簡単でストレスがたまらない方法が長続きします。

継続って大事ですからね。

レモン水をいっぺんに作って置きたいなら!

レモン水

① レモンをしっかり洗う。

② レモン(1個の半分)を薄切りにして種は取り除く。

③ 1~2リットルのポットに②のレモンと水を入れて一時間ほど放置。しぼって入れてもOKですよ。

以上でレモン水の完成です。

これも超カンタンな作り方でしょ?(笑)

レシピサイトにはいろんなバリエーションのレモン水の作り方が紹介されています。

ミント・レモン水

わたしはミント・レモン水が好きなんですが、人気があるんですよ。

レモン水の飲み方と1日の量

レモン

飲み方は特に言うことはなく、ただ飲めばいいだけです。

ただし、注意点があります。

あまり濃くして飲まないということです。

それと、空腹の時にもできれば飲まないほうがいいです。

理由は、胃に負担がかかってしまうからです。

1日に飲む量の目安は1~2杯くらい。

何でもそうですが、良いと言われるものだってとりすぎは体に良くないです。

また、レモンの酸は強いので歯のエナメル質を溶かしてしまうこともあるんです。

そんなことも注意点です。

ポッカレモン100を使ってレモン水を作る方法

【楽天】
とにかく作ったりとか面倒なことは少しもしたくないって方におすすめなのが市販されているポッカレモン100で代用してレモン水を作る方法です。

ポッカレモン100はレモン果汁100%で、しかも保存料が無添加ってところがうれしいところです。

また、レモンを切ったりしぼったりする必要もないので非常にお手軽。

この場合の作り方も超簡単!

1.5Lの水にポッカレモン100を大さじ3杯を入れるだけです。

水はできれば「硬水」がいいです。

ミネラル不足を補えますからね。

便秘だけでなく健康のこともついでに考えてやっていくとなおいいと思います。

水はミネラルウォーターがベストです。

「ゲロルシュタイナー(GEROLSTEINER)」「コントレックス(Contrex)」「ヴィッテル(Vittel)」などがおすすめの硬水です。

レモン水とダイエットやデトックスについて

ダイエット

レモン水は便秘だけでなくダイエットやデトックスでの効果も注目されています。

これって女性には特に嬉しいことですよね!

ダイエット効果はやはり主にペクチンの働きによるものです。

脂肪が吸収されるのを抑える働きがあり、レモン水には空腹感を感じにくくする作用もあるからです。

https://suimagu.com/lemon-water-diet

レモンには血液中の老廃物や過剰な水分の排出を促進する効果があります。

そして、腎臓の機能を活性化する作用も。

こういった理由でレモン水にはデトックス効果もあるんです。

レモン自体にもさまざまな効果があることがわかっていますからね。

ポッカレモン100で代用するにせよ、ビタミンCの摂取などのことも考えると、レモンをもっと普段の食生活に取り入れたいところですね。

ウォーターサーバーとレモン水



もし、あなたがウォーターサーバーを使っているなら、水にレモンを加えるだけで簡単にレモン水が作れます。

手軽にレモン水!

これってすごく重要。

ところで、ウォーターサーバーで使われている水って色々あります。

ウォーターサーバーの水でレモン水を作る場合に重要なのことの一つが継続して飲み続けられるかということです。

レモン水を作るなら、癖がないというか主張がないというかそんな水がレモン水ずっと飲み続けるのにはいいです。

そんな水ならレモン本来の味わいを邪魔することなくうまみを確かに感じられるでしょう。

そんな水を使っているウォーターサーバーの一つがクリクラ
です。

今なら宅配水『12Lボトル無料お試しキャンペーン』実施中! さらに送料無料!
です!

ウォーターサーバーを使って簡単・手軽にレモン水を楽しみましょう!

【スポンサー リンク】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
便秘
スポンサーリンク
Mg(OH)2をフォローする
美・INFO

コメント